有名私立大学に通いながらパパ活

 

「パパ活、流行っていますよね。私が交際クラブに登録した時は有名じゃなかったのに、いつの間にかみんなパパ活という言葉を使うようになった。私も、大学の友人から『お前、絶対パパ活しているよね』と言われています(笑)」笑いながら語るあかりさんは、都内の有名私立大学に通う学生である。20歳だった大学一年生の頃、友人の紹介で都内の交際クラブに登録した。「友達から『あかりも一緒にやろうよ』って言われて、自分もやってみようかなと思ったんです」登録した動機は、シンプルにお金。地方出身のあかりさんは、大学進学と共に上京して一人暮らしを始めた。高校の成績が優秀だったこともあって、憧れの大学に推薦で入学することができた。「実際に入学してみると、イメージしたそのままの大学だったので、入ってよかった〜!と思いました」とあかりさんは嬉しそうに語る。

 

しかし、私立大学での生活はお金がかかる。高単価の仕事を探して、まずはキャバクラで働き始めたが、夜間の仕事であり、接客中にお酒を飲まなければならない。そのため、翌朝学校に行くことが辛くなってしまうという問題に直面して、困ってしまった。そこで学業に支障が出ない範囲で、昼間でも高単価で稼げる仕事を探すことにした。出会い系サイトやマッチングアプリなどもいくつか利用してみたが、リスクが大きすぎることに気づき、途中でやめてしまった。「サイトで出会った人から食事やデートの謝礼をもらう際、その都度お金をもらえばよかったんですが、月極=毎月1回の受取にしてしまったんですよ。それが甘かった。未払いのまま、相手に逃げられてしまいました。その経験から、相手の身元がきちんと確認されているところを利用しなければ……と痛感しました」結果として、あかりさんは交際クラブに登録するという選択肢を選んだ。クラブとのやりとりが全てLINE上で完結する、という点も便利だった。「クラブの面接では、身長や体重、タトゥーの有無、そして夜職の経験の有無を
尋ねられました。キャバクラや風俗の経験があることは、男性会員にはしゃべってはいけない、と言われました。そういった職業ではない一般の女性と出会いたい、というのが男性会員側のニーズみたいです」

 


パパ活で普通に生きていこうとした実際の体験談・ストーリー記事一覧

登録した交際クラブでは、女性会員は、自分が望む交際のスタイルを、以下の5つのタイプから設定することができる。A【お食事デート】基本的にお茶やお食事のみのデート。肉体関係を含む交際は希望しない。B【2回目以降】2回目以降のデートでお互いのフィーリングが合えば、交際に発展する可能性あり。C【フィーリング次第】初日からお互いのフィーリングが合えば、交際に発展する可能性あり。D【積極的】初日からスマートに...

若くて美しい女子大生(当時20歳)が、「D」という札を掲げて画像と動画付きでオファーを募集すれば、男性会員からの申し込みが殺到しそうなものだが、現実は必ずしもそうではなかった。「一応複数のクラブに登録はしたのですが、男性とは全然会っていません。オファーが来ても、男性側の日程と合わなかったり。もっと多くの男性と会っていれば、色々なことを話せるんですけど……」交際クラブの特徴は、「オファーが来ないと稼...

あかりさんは、そうした「パパ」となってくれる男性について、「人数を増やしたいとは思うけど、あんまり自分から動いて探す気はしない」という。「大学でも、パパ活っぽいことをやっている女性は多分いると思いますが、みんな公には言わないですね」パパ活を始める前と始めた後で、変わった点はあるだろうか。「同世代を恋愛対象として見られなくなったことです。中学や高校の頃は全然大丈夫だったのですが、今は同世代の男子とは...

経済力を重視するあかりさんだが、自分がパパ活で稼いだお金は、どのように使っているのだろうか。「貯金です。卒業までに奨学金と親の借金を返したいなと思って、それでキャバクラでメッチャ働いていたんですよ。そしたら学校に全然行けなくなってしまって。友達に『奨学金は学校を卒業してから返すものなんだから、今はそんなに働いていないで、学校に来なよ』と言われました。でも不安じゃないですか。奨学金と言っても、結局借...

あかりさんは、パパ活をしていることはごく少数の友人にしか話していない。「でも私の通っている大学の人たちは、結構やっていると思う。ブランド価値のある大学であればオファーが来やすいですし。みんな、服とかバッグとか欲しいと思うので。とりあえず交際クラブはやめずに継続するつもりです。これから就活なのですが、就職はしないかもしれません。人に雇われること、人と同じことをやるのがすごい嫌なんですよ。以前、不動産...

あかりさんはパパ活と並行して、派遣型リフレ(若い女性との会話や添い寝などのサービスを提供する業種)の体験入店を経験したり、メンズエステの面接を受けたこともあるという。「面接や体験入店は、結構色々なところに行くんですよ。リフレも、友達に誘われて1日だけ体験入店したことがあります。派遣型のリフレで、ホテルの部屋に出張して、お客さんをベッドの上でマッサージして……という感じのサービスです。面接の際に仕事...

現代は、両親に経済的余裕のない地方出身の女子学生にとって「パパ活しなければ大学に行けない社会」になりつつある。地方出身者が首都圏の大学に進学する際には、学費をはじめ、家賃や生活費、セキュリティなど、様々な費用がかかる。私立大学や専門学校であればなおさらだ。一方で、高校を卒業したばかりの10代の女性が就ける仕事は、その多くが最低賃金プラスアルファ程度の時給しか得られない。授業の合間を縫って、時給10...

一方で、あかりさんの事例を見ればお分かりの通り、パパ活で得られる収入は、高単価ではあるものの、常に不安定である。あかりさん自身も、交際クラブでは未だに一人のパパも見つけることができていない。都内の有名私立大学に通う19歳の女子大生が「初回からホテルOKです」と銘打って顔写真と動画付きでPRしても、男性とのセッティングが決まらないという事実は、多くの読者にとって信じられないことかもしれないが、そうい...

「明日から一人暮らしを始めるんですよ。これから新居の鍵を取りに行く予定です」かすみさん(19歳)は、前髪の触角を揺らしながら、弾けるような笑顔で嬉しそうに語った。柔らかくウェーブのかかったロングの黒髪と、白のオープンショルダーのワンピースに身を包んだ、透明感のある美少女だ。可憐な見た目とは裏腹に、かすみさんには定住先がなかった。3か月前に実家を飛び出し、これまで都内の友人の家を転々としていたという...