人生をパパ活でデザインしていく

パパ活は、現代社会に生きる男女を取り巻く社会課題が凝縮されている世界である。だが、この世界から垣間見える社会課題をしたり顔で指摘するだけ、パパ活の世界で生きる男女の現状や行く末を憂うだけでは、あまりに物足りない。パパ活が社会課題を映し出す「鏡」であるならば、自らが映し出した社会課題を「光」に替えて反射することもできるはずだ。そこで、本書を締めくくるエピソードとして、自分の人生をデザインする手段としてパパ活を能動的に活用している女性の事例を紹介したい。三浦美鈴さん(29歳)は、外資系の大手経営コンサルティングファームに勤務している。170センチを超える高身長、首都圏の国立大学大学院卒の高学歴、そして道行く誰もが振り返る美しい容姿と、ドラマに出てくるようなエリートのキャリアウーマンだ。美鈴さんが交際クラブに登録したのは、4年前の夏。きっかけは婚活だった。「コンサルの仕事は、プロジェクトとプロジェクトの合間にガッツリ夏休みをとれるんですよ。当時は20代半ばだったので、この機会に婚活をしようと思ったんです。いくつかの婚活サイトに登録してみたけれど、自分に合わなかった。まだ結婚は早いのかもしれない、と実感した一方で、プライベートの恋愛関係だけでなく、もっと仕事寄りの人間関係が欲しい、と感じるようになりました。経営コンサルの卵だったので、経営者の人たちと個人的にネットワークを持つことで、彼らが何を考えているのかを勉強したい。それが交際クラブに登録したきっかけでした」交際クラブの中には、経営者や医師など、収入と社会的地位の高い男性が登録していることをうたっているところが少なくない。実際は大手企業の役員よりも中小企業のオーナー経営者が多いようだが、20代の若い女性が40〜50代の経営者に直接一対一で出会える数少ないルートの一つであることは確かだ。

 

人生をパパ活でデザインしていく記事一覧

当時の美鈴さんには、「経営者のプライベートの姿が見たい」という願望があったそうだ。本や雑誌のインタビューだけでは見えない彼らの素顔を見たい。彼らと一対一の親密な関係になって、そこで話や悩みを聞くことで見えてくるものがあるに違いない。自分の生き方、仕事にも活かせる部分があるはずだ……と考えたという。「仕事上の人間関係だと、特定の相手と仲良くなることって、すごくハードルが高いですよね。どうしてもお互い...

交際クラブで経営者の男性たちと接し、会話をしていく中で、美鈴さん自身のキャリア意識も変化していく。「パパ活」というと、「女性の側が性的に搾取されるだけの関係」という見方をされることもあるが、男女がお互いに好影響を与え合う関係になることもある。転職活動を始めて忙しくなったこともあり、交際クラブで出会った男性たちとの関係は自然消滅。一方、転職自体は成功し、イメージ通りの会社に転職することができた。「1...

婚活に見切りをつけた美鈴さんは、「もう少し社会勉強したい」と考えて、再び交際クラブに登録。「成功している経営者に会って、その人たちが仕事やお金、人生の楽しみ方についてどのような考え方をしているのか知りたい、彼らの目線を共有させていただきたいと思ったんです。幸運だったのは、クラブの担当者の方が私の性格をきちんと理解して、合いそうな男性をピンポイントで紹介してくださったことです。登録している女性会員の...

その一方で、成長意欲の強い美鈴さんは、目の前の仕事をこなすだけでは、次第に満足感が得られなくなってきた。「私のいた会社は、特定の領域に絞り込んだコンサルティングを提供している会社だったんです。ただ私自身、その領域だけだとつまらないというか。クライアント側にすごく信頼されて、他のこともやってほしいと頼まれる。クライアント側の会社の中に入り込めば入り込むほど、様々な課題の存在が耳に入る。しかし、自分に...

成長志向の美鈴さんの仕事観には、交際クラブで出会った経営者たちの思考や価値観が大きな影響を与えていることが窺える。美鈴さんと男性たちの関係性を、「パパ活」や「援助交際」という表面的な言葉でひとくくりにすることは、適切ではないだろう。一方で、美鈴さんが相手の男性たちに影響を与えることもある。交際クラブ経由で出会った男性とは、いわゆるコーチング(傾聴や対話によって相手の自己実現や目標達成を図る、コミュ...

美鈴さんのケースは、交際クラブでの経験と仕事での経験がリンクしている、という稀有な事例かもしれない。しかし、「自らの強みを磨く」という視点、「相手に対して何ができるかを考える」という視点、そして「自分の成長と共に、相手との関係性も成長させていく」という視点は、ビジネスのみならず、プライベートの関係でも極めて重要だろう。「交際クラブでの経験はプライベートの面だけでなく、仕事の面でも活きる場面がありま...

交際クラブのこれからについては、美鈴さんはどう思われているのだろうか。「全ての人が違法な売春をしているわけではないですよね。交際クラブの業界団体をつくって健全化のための仕組みをつくっていこう、という流れもある中で、いまさら違法になりがちな面だけに的を絞って取り上げるのもどうかなと思います。確かに不倫の関係も存在する可能性はありますが、不倫が横行しているのは交際クラブの世界だけではない。会社の中で、...

ただ、そうしたハイブリッドな関係を築いていくことは、必ずしも万人ができることではないはずだ。これからハイブリッドな関係構築に踏み出そうとする人には、どのようなリテラシーが求められるだろうか?「交際クラブは、使いこなせるだけのリテラシーがないとケガをします。私はかなり色々なことを考えて交際クラブを利用しているタイプだと思いますが、それは自分のためでもあるし、会う人のためでもある。そこはしっかり個人で...

目標や戦略がないままに参加すると不幸になる。確かにその通りだろう。自分でも言語化できていない、漠然とした欲求や不安をどうにかするために交際クラブに登録したとしても、自尊心を傷つけられるだけの結果に終わる可能性が高い。「婚活やビジネスでマッチングサイトを活用する人も多いと思うのですが、その中の選択肢の一つとして、交際クラブがあるのだと思います。自分の持っているスキルを活用する場として、自分なりの相手...

目の前の価値観や制約に囚われない、枠を越えた発想ができるのは、コンサルタントという職業ならではだろう。交際クラブの関係においても、美鈴さんは、自らの強みを活かした上で、相手とシナジーを生むことを重視すべきと主張する。「本来、一人ひとりが誰かにとって魅力的な存在であるはずです。それなのに、偏見に囚われて自分を狭い枠に押し込めてしまうから、魅力や強みが相手に気づかれない。自分の強みを認識して、『自分は...

交際クラブを利用する男性側には、どのようなリテラシーが必要になるだろうか?「男性も『相手の女性に対して何ができるのか』を常に意識する必要があると思います。女性に対して、ただ性を提供してくれた見返りとしてお金を払う、という姿勢では、関係も長続きしないし、そもそも面白くないはずです。もしかしたら、相手の女性が欲しがっているのはお金じゃないかもしれない。その女性がものすごく性格が良くて、結婚相手としてベ...