パパ活は「とっても素晴らしい副業」

現在は、月に5人程度の男性と会っているれみさん。1回のデートで得る謝礼が10万とすると、毎月5人とのデートをコンスタントにこなせば、美容代などの経費を差し引いたとしても、かなりの収入になるのではないだろうか。「収入は安定しています。でも私にとって、パパ活は仕事じゃない。とっても素晴らしい副業という位置づけなので、頂いたお金はほとんど貯金しています。自分の周りにもパパ活をしている女の子たちはいますが、彼女たちに聞くと、皆『貯金なんてするわけないじゃん』と言います。エルメスのバーキンを持っていたり、流行りの時計やネックレスに使ってしまったり……。お客様が1回のデートで支払うお金は、私への謝礼だけでなく、クラブに払うセッティング代が3万〜5万円、食事代が数万円、そしてホテル代が5万〜10万と、トータルでかなりのお金がかかります。そこまでの投資をして、入念に準備をして、期待を抱いて、結果的に気に入らない女の子だった、つまらないデートだったとなると、ものすごく落ち込んでしまわれると思います。一生懸命働いて得たお金を私に頂けるのはとてもありがたいことなので、きちんと感謝の気持ちを伝えています。お金を頂いた時は、『ありがとうございます。大切に使わせて頂きます』と必ず頭を下げて伝えるようにしています」誰もが羨むような美貌に恵まれ、経験と自信に裏打ちされた明確な自己主張を持ち、決して自分を安売りしないれみさんは、多くの一般男性にとって、近寄りがたい高嶺の花のように思えるかもしれない。れみさんと一夜を共にできるのは、経済力だけでなく、相応の人格と教養を兼ね備えた、ごく一部の選ばれた男性だけのようにも思える。しかし、れみさんは必ずしもそういった男性だけを相手にしているわけではない。

 

パパ活は「とっても素晴らしい副業」記事一覧

「お会いした男性の中に、身だしなみを全く気にしていない風貌の50代半ばの方がおられました。最初のデートはお食事だけだったのですが、この時点で、『この方は、ちょっと無理だな〜』とお断りしたくなりました。2回目のデートは、正直お金が欲しかったのでお付き合いしました。その時も、お食事だけでした。3回目のデートでは、『今日こそは最後までしないとダメなのかな……』と思っていたのですが、その方、実は性的に不能...

「以前はハングリー精神もあって『今のうちに稼いでおかなきゃ!』と思っていたけれど、もう32歳になったので、大事な人だけとの関係を残して、ゆったりしようかなと。物欲もあまりないので。クラブの男性会員と女性会員が集まるイベントもあるみたいなのですが、これまでお会いした男性とぶつかる可能性もあるので、あまり行きたくない。今は目標を探している時期だと考えています。お金は逃げない。貯めておけば、何かができる...

今後の目標として「月極の相手が欲しい」と考えている。現在交際している男性は、全て都度払い=デートの度に謝礼を受け取る形だが、毎月まとまった額を定期的かつ長期的に支払ってくれる相手を探したい、という。「昔付き合っていた医師の男性と、月極50万円の契約をしていたことがありました。特に『毎月これだけの日数会う』などのルールはなし。月極の50万円に加えて、家賃として毎月20万円を頂いていました。ただ、1年...

高収入は得られるものの、不安定な状況の中で複数の既婚男性と付き合っているれみさん。結婚に対しては否定的な立場かと思いきや、結婚願望はあるという。「彼氏がいたのですが、『結婚はできない』と言われたんです。彼のことはとても好きでしたが、結婚できない相手といつまでも付き合っていても仕方がない。どこかで気を紛らわさなければ……と思って。ちょうどクラブに登録した時期と重なりますね。クラブに登録した後もその彼...

これからパパ活を始めようと考えている人に対して、れみさんからのアドバイスは二つ。一つ目は、「きちんとしたクラブを選ぶこと」だ。「必要なのは、一歩踏み出す勇気です。でも、面接の時に少しでも不快に思ったら要注意。私も、あるクラブの面接で『男性に要求する謝礼が高すぎるから、もっと下げてください』と言われたことがあって、その場で登録を辞退したことがあります。男性会員に対して、『この女性は、いくら払えばホテ...