稼ぐために、止まることなく過激な方向へ向かう

 

「メインの仕事は着エロ(=マイクロビキニや紐下着など、着衣ではあるが露出度の極めて高い状態で、際どいポーズの写真や映像の撮影を行う仕事)の撮影会だったのですが、私、そもそも着エロというものが何なのか知らなかったんです。最初は露出を抑え目でやっていたのですが、お給料が事務所・スタジオ・私との間で三等分されるので、全然稼げない。もっと稼ぐためには露出度を上げないといけないので、結果的にどんどん過激になっていって……。撮影会の報酬は、50分4000円でした。休憩は全くなし。最初に終了時間を決めていても、途中で『もっと延長できないか』と聞かれて。私も稼ぎたかったので、依頼があると応えたいと思ってしまう。もっと頑張れる、まだ頑張れる……と働き続けて、ひどい時は10時間で1分も休憩がなかったこともありました。撮影が終わって、着替えたらすぐ次の撮影、という感じ。

 

途中で休んでもダメとは言われないだろうけど、カメラマンは1時間ごとに変わるので、時間がとても貴重で。こっちとしてもお待たせするわけにはいかないので、結局休めなくなってしまう。当時のスタジオは、私が辞めたら潰れると言われていたくらい、他の子がお客さんを呼べていないところでした。オーナーも私だけでお客さんを呼ぼうとしちゃって、『もっと出られないか』としつこくて。断ると露骨に態度に出してくる。それなのに、売上や給料の正確な金額は、私には全く伝えられていませんでした」そうしたブラックな労働環境でハードワークを続ける中、マネージャーに襲われる事件が発生する。「イベントで泊まり込みの仕事に行った際に、マネージャーに襲われたんです。その事件の後も、マネージャーからは『お前』呼ばわりされて、『お前は本当に人の気持ちが分からないんだな』と人前で怒鳴られたり、お客さんの前でも暴言を吐かれたりしました。私もいい加減に切れて、『なんでそこまで言われなきゃいけないんですか?』と言い返したら、『お前が他の男に囲まれていることに嫉妬してしまい、こういう言い方しかできなくなるんだ』って言うんです。マネージャーがタレントに嫉妬してどうするの、と呆れました」

 


稼ぐために、止まることなく過激な方向へ向かうパパ活記事一覧

撮影会やイベントを続ける中でかすみさんの知名度は上がり、ツイッターのアカウントは開始からわずか4か月でフォロワーが4桁に達する勢いだった。しかし、嫉妬に駆られたマネージャーが衝動的にアカウントを削除してしまうという事態が発生。我慢の限界に達したかすみさんは、知り合いを介して弁護士に相談し、マネージャーを刑事告訴した。「ツイッターを消されたのは、さすがに我慢できなくて。それがなければ、目をつむったの...

芸名とマネージャーを一新して、再び撮影会の仕事から始めることにした。紐下着で際どいポーズをして時給4000円だった前回のスタジオとは異なり、今度のスタジオは、私服のままで時給7000円。フリーなので、事務所に売上の一部を取られることもなくなった。「新しいマネージャーからは、『露出を下げないと、ちゃんとした仕事が取れなくなる。水着の撮影だけでイメージダウンしてしまうので、テレビには出られない』『露出...

クラブで出会う男性の年代は40〜50代が多いが、60代の相手とデートをしたこともあったという。19歳のかすみさんが父親と同じ、あるいはそれ以上の年代の男性とデートする場合、どこまで会話は弾むのだろうか。また、嫌悪感は湧いてこないのだろうか。「60代の男性の方と、池袋のホテルメトロポリタンでデートをしたことがありました。お食事しながらお話しをして、その後ホテルの部屋に入ったのですが、性的な行為は全く...

「パパ活の場合、お金が絡むので、どうすれば高額のお手当をもらえるか、ということだけを考えてしまいがちですが、どうせ関係を持つのであれば、お互いに楽しくしたいじゃないですか。そもそもオファーを頂けただけでも、ありがたいこと。相手の男性と心から関わって仲良くなれば、毎回会うのも楽しくなる。『なんでも楽しくやる』が私のモットーです。男性側からも『お金だけの関係にはなりたくない』という声はよく聞きます。身...

女性がクラブで複数の相手と同時に交際していることを嫌がる男性もいる。そうした男性に対してはどのように振る舞っているのだろうか?「他の男性と会ったことはあります、とは言いますが、定期的に会っている男性がいるとは言わない。隠しているわけではないけど、それも相手を冷めさせてしまう理由になるので。むしろ?をついてほしいと思う人が多いのでは、と考えています。お仕事のことを忘れてデートを楽しみたいという人も多...

自分が人との関係性の中で生きている・生かされていることをはっきりと自覚しているかすみさん。この意識の有無が、パパ活で成功する人・しない人を分ける条件なのかもしれない。交際クラブでのパパ活は、今後も続けていきたいそうだ。「クラブで出会う男性は、皆さん良い方ばかりなので。それに、色々な分野の知り合いがいるのは大事ですよね。タレント活動も、ここまで行きたいという目標が決まっているわけではないのですが、せ...

人間関係の普遍的な真理を見抜いているかのように、理路整然と語るかすみさん。同世代の女子よりも、良くも悪くも何倍も濃密な経験をする過程で、普通の女性であれば30〜40代になってから気づくことを、19歳の時点で全て気づいてしまったかのようにも見える。フリーのタレント活動をしているだけあって、交際クラブの男性とのやりとりの際にも、かなり高度なセルフプロデュース能力を発揮しているように見受けられる。10代...